MMAファイターのインタビュー記事を発信している格闘技ブログ「MMA タイランド」

Breaking

2017年10月31日火曜日

チームアルファメールで長年囁かれていた噂について遂にクリス・ホルズワース本人が口を開く「TJはドーピング違反者だしスパーリング中に後頭部への膝蹴りを貰い脳震盪を起こした。」


チームアルファメールで長年囁かれていた噂について遂にクリス・ホルズワース本人が口を開きました。

先月ユライア・フェイバーと一緒に受けたインタビューの中でTJ・ディラショーのせいでTUF18優勝者のクリス・ホルズワースのキャリアが終わってしまったと非難していたコーディ・ガーブラント。

スパーリング中の後頭部への膝蹴りでホルズワースは脳震盪を起こし引退せざるを得なくなったと語っていました。

しかし先週TJはこの件に関して全面的に否定していました。

「チームアルファメールは俺がクリスに関節技で極められ、その後まだ彼がグラウンド状態の時に俺が彼の頭部へ膝蹴りを喰らわせたなんてと言い、その一方で俺にチームに残って欲しいなんて言うのか?

彼らは俺がチームを離れたことに怒っているんだろう。もしそんな事が起きれば俺はチームから追放されているはずだ。そんな事をしてチームから受け入れられるはずがない。

俺がスパーリングの時にアグレッシブになり過ぎたことがあるかと言われれば、それはある。時には自分自身に対してもう少し抑えるべきだと言い聞かさなければいけない時もあった。ただ俺は一度として誰かの頭部に膝蹴りをするなんて事はしたことがない。

ただ俺がチームアルファメールに加入した時、俺はジョセフ・ベナビデスやチャド・メンデスらとのスパーリングで顔から血を流しながらスパーリングをしていた。俺たちはもともとハードなスパーリングをこなすことでここまで来たんだ。」

しかし今週当の本人であるクリス・ホルズワースが初めて口を開きました。

「TJとチームアルファメールの争いに巻き込まれたくなかったから、ここまでこの話題に関しては無言を貫いてきた。ただTJが嘘をついた事で真実を話す時が来たと思った。

TJは素晴らしいファイターだと思うし彼の才能は文句のつけようがないが、彼には昔から俺に対して必要以上な闘争心があった。それが果たして嫉妬から来るものなのかどうかはわからないが、俺とのスパーリングでは時々とてもアグレッシブすぎた。時には俺が彼とのボクシングのスパーリング中に膝の攻撃を受ける時もあったし柔術のスパーリング中に肘を貰う事もあった。

TUF18の前には柔術のスパーリングで俺が4点ポジションの状態の時に後頭部に膝を貰った事もあった。その時は30秒くらい休んでトレーニングは続けたが、全ての練習が終わった後に脳震盪を起こしてしまった。それが初めての脳震盪の経験でその後は何度も脳震盪を経験している。

俺はチコ・カムス戦に向けてトレーニングを続けTJはヘナン・バラオ戦に向けてトレーニングを続けていた時、彼が特別なサプリメントを摂取しているという噂を聞いた。それを聞いたときに、俺は彼に対するリスペクトを失った。彼はドーピング違反者だ。」

TJがドーピングをしていると示唆したのはクリスが初めてというわけではなくかつてユライア・フェイバーはTJのドーピング疑惑について、USADAの厳正なテストが開始された事でTJは丸みを帯びた体になってしまったと発言していました。

https://www.mmafighting.com/2017/10/30/16572804/chris-holdsworth-breaks-silence-about-t-j-dillashaw-incident
https://www.mmafighting.com/2017/10/24/16527602/t-j-dillashaw-denies-allegation-he-injured-chris-holdsworth-with-cheap-shot
https://www.mmafighting.com/2016/4/11/11404170/morning-report-urijah-faber-says-has-respect-for-dominick-cruz-but

0 件のコメント:

コメントを投稿