MMAファイターのインタビュー記事を発信している格闘技ブログ「MMA タイランド」

Breaking

2017年11月22日水曜日

マット・ヒューズ「かつては友人同士で家に集まって一緒にUFCの大会を観たものだが、今では大会の数が多すぎてそんな事もしなくなってしまった。一つ一つの大会の価値が下がってしまい特別ではなくなってしまった。」


マット・ヒューズが瀕死の事故にあう前に行われたインタビューが今週放映されましたが、現在のUFCを批判した内容になっています。

「今のUFCはエンターテイメント路線が強すぎる。毎週の様に大会を開催しているし、UFCはペイ・パー・ビュー大会、UFC on FOX、UFC Fight Nightと3つの大会を開催しているが、そのうちの一つは商業的すぎる。

俺は自分の現役時代がUFCの最盛期であった事をとても誇りに思っている。UFC22でデビューしてUFC110か115で現役を終えた。その頃は友人同士で家に集まって一緒にUFCの大会を観たものだが、今では大会の数が多すぎてそんな事もしなくなってしまった。」

1999年にUFCデビューを果たしたヒューズですが、その年にUFCが開催した大会は6大会。

一方2017年の今年UFCは39の大会を開催する予定です。

「今では一つ一つの大会の価値が下がってしまい特別ではなくなってしまった。」

ヒューズは現役引退後にUFCの選手育成兼管理部長に就任していましたが、UFCの親会社が変更した事に伴う人員整理により昨年の12月に解雇されていました。

http://www.sherdog.com/news/news/Matt-Hughes-UFC-Not-as-Special-in-Modern-Era-with-Fights-on-Darn-Near-Every-Week-129371

0 件のコメント:

コメントを投稿