MMAファイターのインタビュー記事を発信している格闘技ブログ「MMA タイランド」

Breaking

2018年4月25日水曜日

マイケル・チャンドラー「PFLにはまだそれ程興味はないがRIZIN参戦には興味がある。かつてRIZINの代表は俺に興味があると言ってくれていた。」


Bellatorとの2年間の契約期間の終わりが近づいてきている元Bellatorライト級王者のマイケル・チャンドラー。

具体的にいつ契約が切れるのかについては言及していませんが、近々契約交渉に入ることは認めています。

「これから交渉を行っていくことになるが、俺にとってはBellatorとUFC以外に興味がある団体はない。ただ俺は今の状況にとても満足しているからBellatorを離れる気はない。」

現在の状況にはとても満足しているようですが、だからと言って他の団体で戦う意思がないというわけではないようです。

「俺はBellatorに対してRIZINに参戦させてくれと言った事があるし、RIZINの代表からはかつて、是非日本で戦って欲しい、日本のファンは君の参戦に歓喜するだろうという事を言われた。勿論だとその時は答えたものだ。

それに忘れていたが俺は郷野聡寛を引退に追い込んでいる (引退していません)。 だから日本には俺のファンもいるようだ。ただ今後の事は良くわからない。俺は常にアクティブでいたい。」

ちなみにPFL参戦に関しては、

「正直言ってトーナメントが成功するまでは何とも言えない。ただレイ・セフォーは昔からこのアイディアの実現を目指していたから自分が目指していた事が遂にこうやって形になるなんて最高の事だ。」

http://mmajunkie.com/2018/04/michael-chandler-bellator-free-agent-pfl-rizin-ff-ufc
http://mmajunkie.com/2018/04/michael-chandler-plans-to-re-sign-with-bellator-but-i-beat-khabib-nurmagomedov-10-times-out-of-10

0 件のコメント:

コメントを投稿